fxで勝ちたい

fxで勝ちたい

fxで勝ちたいと心から願っているならば、遊びや無駄に過ごしていた時間を
全てfxに捧げるほどの意気込みが必要なのは言うまでもありません。

 

 

しかし、ほとんどの人が仕事や家事などの時間に追われて、
fxのための時間を作ることすら大変なのに、

 

どうやって勉強していけばいいかもわからない。

 

というケースはとても多いことでしょう。

 

 

そこで、このサイトでは、fxを真剣に取組みたい人のための効率的な勉強のサイトにしていきます。

 

 

金融商品は、その言葉は専門用語で、わからない用語や分析などについて調べてみても、
その説明すら専門用語でわかりにくいことがあります。

 

そのため、途中で挫折してしまうこともあることでしょう。

 

 

さらに、頑張っている人でさえも、そういう不必要なことのために時間を費やしてしまうのは
とても効率的とは言えませんよね。

 

ですから、このサイトではできるだけ完結に、
日常用語で説明するように心がけようと思います。

 

 

そのため、このfxサイトでは、初心者、素人の傾けに書いていきますので、
取引経験のある人や中級者〜それ以上の人にとっては、
何の得るものもないことでしょう。

 

 

さらに、言葉1つで説明するのが難しい場合は、
その言葉の説明もしますので、少し回りくどくなる可能性もあるでしょう。

 

そのときは、読み飛ばしていただければと思います。

 

 

 

 

これまでの経験上、勉強をするときや知識を得ようとするときは、

 

学校の勉強とは違うので、決まりきったカリキュラムやこうしなければならない

 

という決まりがありませんし、その覚えたかどうか?というテストすらありません。

 

 

 

そのため、本を読んだりインターネットで勉強をしていても、
本人の意識とは無関係に、そのときどきに頭にある知りたいことや
それに関連することしか目に入ってこないのです。
FX自動売買も駄目ですね。

 

 

ですから、本来ならある1つの用語を理解するときに合わせて市っておいた方がよいことや

 

知識として知っておくべきことがあったとしても、

 

それが別々の箇所に説明されていると同時に理解する機会がもったいないですよね。

 

 

このように、実際にfx取引をしている身だからこそわかる効率的な勉強法、
スキル向上法があります。それに対して、取引をしていないけれども、
fxの知識がある人が書いた記事というのは、どこかリアル感に書け、
一辺倒な説明になってしまってそれで完結してしまうことが多いです。

 

もし、fxでお金を稼ぐために必要な知識を得たいのであれば、実用するための知識とスキルをぜひマスターしてみてください。

 

FXニュースに振り回されないように

 

fxのニュースに振り回されないようにすべきです。

 

 

なぜなら、素人や初心者の人は、
そのニュースを書いた人の受け止め方や考え方に大きく影響を受けて、
そのイメージで取引をしてしまう可能性が高いからです。

 

 

例えば、景気を表す数字が前回よりも悪かったとしましょう。

 

 

このニュースだけを見ると、あまり良い発表ではなかったことがわかります。

 

そして、このニュースだけを見て、
経済発表が悪かったんだから、
その国の通貨は安くなるだろう。

 

 

と売る。もしくは売り目線でチャートを見るってことが考えられます。

 

 

しかし、これは安易な発想ですから危険です。

 

それでも、個人投資家は、こういうニュースや経済発表の解説をしてくれるのが、
チーフアナリストやらファンダメンタルズ分析の偉い人だったりするので、
「そうか、なるほど」と真に受けて振り回されてしまいがちです。

 

 

しかし、こういう情報で振り回されるとほとんどの場合では、
投資はあまり上手くいきません。そして、経済指標やニュースの発表では、
その数字が悪いとか良くなった。

 

だけでなく、トレード参加者の予想が元々どれぐらいの数字だったのか?

 

とそれに対して発表された確定値が予想より良かったとか悪かった。
という判断で値動きが決まることが良くあります。

 

 

 

個人投資家にとってはこういう正しい情報の捉え方についても迷いが生じるところでしょう。

 

正直、初心者や素人である個人トレーダーは、
ニュースや経済指標によって為替では振り回されすぎです。

 

 

なぜなら、そういう情報が市場に伝わると一時的に為替の変動を引き起こすから、
影響を与えるところを目の当たりにして、
また、その目の前の動いているものに飛び乗らなきゃ損をしてしまうと思い込んでしまうからです。

 

 

しかし、それは自分が元よりトレードしようとたくらんでいて仕掛けるトレードとは違って、
衝動的なトレードになるので、負けても当たり前な取引です。

 

自分のトレードスタイルやトレードのルールがあったら、
そのルールだけを決めてその決まりごとを守ることがfxで勝てる方法です。

 

こういった信念を持たずにfxをやることは、
毎日どんどん流れてくるニュースや情報に流されて
何十回も何百回も衝動的トレードをしてしまうことでしょう。

 

 

しかし、それをやってしまっている人がほとんど多い中で、
fxの資金を減らして、トレードを続けることができなくなってしまった人がほとんどですから、
早急に衝動トレードを辞めて、確立したトレードスタイルを持つ必要があります。

 

FX口座開設しただけでは何も始まらないのです。

 

 

レバレッジについて

fxのレバレッジは最大25倍ということはご存知の方も多いですよね。

 

 

しかし、そのメリットばかりを気にしていると後悔しても取り戻せないほどの
損失を抱えてしまう可能性があります。

 

 

証拠金取引であるfxは、少ない元でで大きな利益を上げられる半面、
資産をその逆の分だけ減らしてしまう可能性があることを忘れてはいけません。

 

 

まさしく諸刃の剣なのがレバレッジです。

 

 

もし、正しいトレードの方法や向き合い方を知らずに未熟なままfxをしてしまえば、
その知識不足を言い訳にしても取り返しがつかないほどのお金を失ってしまう人がよく見かけます。

 

 

しかも、一瞬にしてです。たった一晩とかで何百万もマイナスを出してしまった人ゴロゴロと転がっているのです。

 

 

事実、誰でもブログなどで情報発信できる時代ですから、
fxのトレードについて記録的な日記を残している人も多いのですが、
そのブログの多くは途中で更新がとまってしまいます。

 

 

それはなぜか?fxを辞めてしまうからですね。何も更新がなくやめてしまう人もいれば、
その時点でのポジションの実況だけはしていたけど、
とても資金管理とは程遠いような投資枚数でトレードしてしまった結果、
大きな損失を被り、ひっそりと辞めてしまうケースはあとを絶ちません。

 

 

 

知識がない状態でトレードをすると、そういうような結果になる可能性が高いです。

 

 

ですから、人の失敗を見て、それを糧にできるようにするべきでしょう。そのような人達と同じような道を歩めば、
同じ結果にたどりついてしまいますから、まずはfxをやってみる前に勉強をする必要があります。

 

 

fxで勝つための方法やトレードの向き合い方、どんなトレード手法を使うのか?
などですね。

 

 

これらの正しいトレード方法さえ身に付けていれば、
最大の25倍のレバレッジでトレードしたとしても、
そんなに悲惨な結果にはならないことでしょう。

 

(悲惨なこととは、立ち直れないほどの損失や資金を失ってしまうほどの失敗のこと)

 

 

そのfxのやり方を覚えるには、コツも時間もかかってしまいますが、
それだけの価値があるのがfxでしょう。一度fxで身に付けたスキルは、
知識や記憶として個々の奥深い引き出しとなるため、

 

パソコンがあってインターネットができる環境であれば、
どこでもお金を稼ぐことができると言っても過言ではありません。

 

 

そのため、みなさんが一生懸命取引しているんですよね。

 

fxでも安全運転を心がけるべきこともありますが、
勝負どきにアクセルを前回で投資して稼いで行くためにも、正しいトレード法を学びましょう。

 

ちなみにスプレッドもちゃんど計算に入れておきましょう。

 

 

どのようにFXで取り引きすべきか?

 

 

fxの取引は、簡単に言えば、
できるだけリスクを抑えて低レバレッジで運用しながらも

 

 

勝てる見込みが高い自信のあるときにはレバレッジを高めること。

 

 

また、情報やニュース、値動きに振り回されずに己の信念を持った取引を続けることが求められています。

 

 

私はスキャルピングが好きですが、
こうすれば、fxで資金をしっかりと大きくすることを狙いながらも、
損失リスクを抑えて破産する可能性を低くすることが可能ですよね。

 

 

それと、補足説明をするとすれば、確実に損切りをすることと、損切りは小さく、
利益は大きくすることです。

 

と、ここまで書くと、大まかには3点のポイントさえ抑えておけば、fxはいいわけですね。

 

 

fxの経験がある人であれば、お金に絡んだ情報がどれだけ多く転がっていて、
尚且つそれぞれに言い分や解釈が違ったり、言っていることが違うために、
どの情報を頼りにトレードしていけばよいのか迷ったことがあることでしょう。

 

 

さらには、あまりに情報が溢れすぎて、
本当の情報があるのかと悩んだこともあるかもしれませんね。

 

そのような迷いをなくして、fxで成功するためだけ1点に突き進むためには、
取引する本人自身が芯を強くしていく必要があります。

 

 

そうすることで情報に左右されることもありませんし、その情報自体が正しかろうが、
間違っていようが関係ありません。

 

 

また、自分を強く保つためには、やはりスキルがあってこそ自信が付くものですから、
このトレードスタイルであれば、自分は勝てる。と自信が持てる手法を確立することも大切です。

 

 

fxはすればするほど資金を減らしてしまう個人投資家も多いのですが、
そのような人達は、話を聞いてみるとほとんどのトレードがその場しのぎの
思いつきによるトレードを繰り返していることが分かります。

 

 

つまり、トレード手法を持っているわけではなく、
その時々のチャートやニュースで上がりそうだ、下がりそうだ。
と素人判断で思った感覚の取引をしているのです。

 

 

この感覚でとりひきするととは、実はプロトレーダーもやっていることですし、
裁量トレードと言われて、個人投資家が憧れる投資スタイルでもあります。

 

 

しかし、プロトレーダーの直感と素人の直感とでは、月とすっぽんほどのかけ離れたレベルがあり、
素人の直感とはただの当てずっぽうである自己願望であることが多いです。

 

そのため、そのようなトレードを繰り返していると早晩、資金をなくしてしまい、
fxをやめざるを得なくなるわけですね。そうならないためには、取引手法を身に付けましょう。

 

 

売買の軸

情報に振り回されず、それぞれが自信の持てるトレード手法
を使うことが大切なことは十分理解していただけたことでしょう。

 

 

しかし、自信が持てるトレード手法や勝てると勝算のある取引手法を身に付けるためには、
どんなことをしていけばよいか知らない人が多いです。

 

 

これは、手法ばかりを追い求める人が多い半面、
その手法を自分のものとして昇華させるためにはどのようにすればよいか?

 

を考える人が少ないからです。

 

 

どうしても、手法さえ知れれば、それを真似すれば勝てるようになる。

 

 

 

と思っている人が多い証拠ですね。しかし、既に勝てると勝算のある手法を教えてもらっても、

 

勝てない人が多いです。

 

 

その理由は自分の眼と手でトレード記録を検証し、
検証重ねていないので、fxのチャートが教科書のようにわかりやすく動かないことが多いから、
変形したり、実際のトレード時には、タイミングがずれたりいろんなことが起こる。

 

 

その中でも通用していくトレードスタイルであることを自分で立証していないからです。

 

 

そういう人から教わっただけの手法は、数回の負けが込むと、
その手法が通用しないとすぐに使うのを辞めて他の手法を探し始める人が多いです。
しかし、先ほども書いたように、教科書のようにキレイに上手くいかないのが相場なのですから、
損切りだってそれは起こり得ることですし、

 

また、その損切り自体も検証を重ねることで
元の手法をさらによりよい手法に改良するための糧にもなります。

 

 

このように、1つのトレードスタイルを守り続けることで、
その手法自体の優位性が保たれるだけでなく、

 

市場変化が起こったとしても、その変化へ対応しきれるような改善を加えて、
どんどん進化していくことができるのです。

 

 

例えば、アメリカの雇用統計という、
月に最もfx参加者が注目しているであろう経済指標が発表のときは、
いつも価格が大暴れすることが多いのですが、

 

だからと言ってアセって取引することもなく、いつも通りに落ち着いたトレードをすることができます。

 

 

目の前では、乱高下の激しい値動きをしていたとしても、
トレードする本人が落ち着いていれば、かなり良いトレードができるものなので
おそるるに足りません。

 

 

勝てる売買ルールとは、このように、意図的に人間が変化させたり、
使いまわしたり、あれこれとあるものでなく、その人それぞれの中にその答えがあるのです。

 

 

さらに、その自分の中で確固たるモノを気付いた手法だからこそ、軸がぶれない勝てるトレーダーになれるものですよ。

 

ミラートレーダーでトレースされるくらいの手法をもちたいものですね。